格安航空券を手にして笑顔の女性

格安航空券ってそもそもどんなもの?なにが良いの?

今話題の格安航空券についてそもそもどんなものなのか?購入の際に注意すべきことはあるのか?など素朴な疑問にお答えいたします。

そもそもなぜ格安?

一般的に格安航空券と呼ばれるものには、2種類あります。1つ目が早期予約で安い場合、2つ目が空席が沢山あるので安く販売している場合です。

前者の場合、搭乗日の120日前までの予約や60日前と予約制限を設けることで航空会社が早期に顧客を獲得するために設定しているものです。

後者の場合は、出発が近くなった航空機に空席がある場合、空席のままよりは安くてもいいから席を埋めようとして販売する席となります。

一般的には早期に購入した方がお得ですが、売れ残りを裁くために安くなることもあるのでいつが一番お得かを見極めるのが難しい所となっています。

格安のデメリットは?

やはり安いものには制限がつきものです。航空券により様々ですが簡単にあげられるものとしては、『座席指定が出来ない』・『キャンセルの際に返金がない』・『日付の変更が出来ない』・『他社便への振り替え不可』などです。

ここまで上げたように格安航空券は基本的に予約したものから変更はできないと思った方が良いです。また国際航空券の場合、パスポートに記載されている名前と航空券の名前が1文字でも違うと航空機に搭乗できません。

格安航空券の場合インターネット上で購入するケースが多いかと思いますが、入力ミス等があった場合でも購入後は訂正変更不可、払い戻しもできないなどトラブルの元にもなりますので注意をして購入してください。

ここまでなぜ安いのかとデメリットをご説明させていただきました。これだけを読むと少々怖いなと思われたかともいるかもしれません。

しかし、格安航空券はうまく使えば非常にお得に旅行が可能です。通常のチケットの半額程度で販売されている場合もあります。

購入の際には注意事項が必ずでてきますので、不明点がなくなるまでしっかりと読んだ上で購入をいただければと思います。

初めての方必見!格安航空券の上手な使い方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング